年末年始に家族で食べるカニを通販で購入して楽しむ!

ズワイガニやタラバガニを年内に取り寄せるには、心の底から信頼の置けるお店を選ぶことが大事です。足を運ぶことが難しい場合は、通信販売を利用するのが一番効率的であり、送料を含めて見ても納得のいく結果に収束させる可能性となります。またカニ鍋は健康的な食の代表格としても定着しており、野菜を含めていろいろ煮込めば立派なご馳走にもなるのです。
カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!
特にズワイガニやタラバガニは度々購入したという事実もあって、年末など年内で一番需要がある時期に用意するならば、早めに予約をすることが鉄則となります。また自然が育んだ旨みを持ったズワイガニやタラバガニは主に日本海側が産地となっており、食通であればスーパーではなかなか手に入りにくい逸品やカニ鍋の極意も知っているので、たとえ訳アリ参考にしてみることが初心者は大切です。
カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!
その一方で下処理に時間を要するという手間がカニにはあるものの、親切な通信販売のところではすぐにでも食べられるようにあらかじめ殻をむいてあるのです。こういった状況であればカニ鍋はもちろんのこと、そのまま茹でて食べることにも応用が利くため、年内に関しても十分間に合うようになるのです。さらに訳アリという製品はわかりやすく表記がされていることから、予算や必要な分量に応じて選択していくことが重要となります。
参考・・・おすすめ蟹通販

カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!
豪華な食材として取り込むことができるズワイガニやタラバガニは、子供から大人まで幅広い年代に人気のある存在になっています。ここ数年は訳アリという内容であっても、肉厚で消費者が納得できるような形態を保っているため、購入者による口コミや感想を見ながら頃合いを見計らって購入していくことが大事です。素材のおいしさを堪能しながら、漁師への感謝の気持ちを込める部分も重要な側面になっています。

 

上記のことより、通信販売で取り扱われているものは、慎重に販売側の意向やメッセージをくみ取ることが現在では大いに必要なのです。
カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!

ズワイガニの呼ばれ方はいろいろある?松葉ガニもズワイガニなの?

冬の味覚として人気が高いズワイガニには、様々な呼び名があります。
分類上は全て同じ種類のカニですが、違う種類だと誤解されるほどです。
例えば、山陰地方では、オスの事を松葉ガニ、メスの事を勢子ガニと呼びます。
そして、能登地方では、オスの事を加能ガニ、メスの事を香箱ガニと呼びます。
カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!
このように多くの地域で、オスとメスは別の名前がつけられています。
これはオスとメスの大きさがあまりに違うためで、オスの大きさはメスの2倍ほどもあります。
また、上記の例から分かるように、水揚げ場所によっても名前が異なります。
ズワイガニは、古くから日本で親しまれてきたカニなので、それぞれの水揚げ場所ごとに別の呼び方をされてきました。
その事が、カニの足に色の違うタグを付けて、水揚げ場所ごとにブランドとして差別化する動きにつながっています。
タグ付きであると言う事は、海外から輸入された冷凍品ではなく、その漁港で水揚げされたカニである事を証明しています。
他にも、消費者にも産地がわかるようにする意味もありますし、タグの取り付けに際して厳しい品質管理を行っている場合も多くあります。

 

その結果、現在では各港のタグ付きガニを食べ歩くファンもいるほどです。

 

カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!

 

カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!

続いて、ブランドごとの特徴について紹介しましょう。

山陰地方で獲れるズワイカニを松葉ガニと言い、特に質が高いズワイガニとして知られています。

 

また、兵庫県から京都府にかけての松葉ガニは、水揚げ場所によってさらに呼び名が変わります。
例えば、兵庫県の津居山漁港で水揚げされた松葉ガニは津居山ガニと呼ばれます。
同じように、浜坂港で水揚げされた浜坂ガニ、柴山であれば柴山ガニ、間人であれば間人ガニと言うように名前が変わります。

 

次に、加能ガニは近年命名されたブランドです。
石川県で水揚げされた、青色のタグ付きズワイガニの事を言います。
ぎっしり詰まった身は繊細な味わいで、ぷりぷりした歯ごたえと極上の甘みを楽しめます。

 

福井県で水揚げされ、黄色のタグが付いたカニは越前ガニと言います。
寒流と暖流のぶつかり合う漁場のため、身が引き締まって旨味が強いのが特徴です。
皇室に献上される唯一のカニでもあります。
カニ通販で購入したカニを美味しく食べるためのサイト!