ボイル・冷凍のかにの保存のしかたと賞味期限について

ボイル・冷凍かにとして購入したものは、その保存方法や賞味期限について把握しておくことが必要です。冷凍したものであっても、かにの場合では意外と賞味期限が短いことが特徴になり、せっかく購入したものを廃棄してしまうことがないように配慮することが大切です。
ボイル・冷凍のかにの保存のしかたと賞味期限について
ボイル・冷凍かにの保存の方法については、直ぐに食することが無い場合では真空パックの状態に施して、かにの腹を上に向けた状態で冷凍庫に保存することがおすすめです。

 

真空パックを使った場合では腐食してしまうことが少なく、同時にカニみそなど中身が流れ込んでしまうことを防ぐ役割を持っています。真空パックにできる環境を持っていない方ならば、一般的なキッチン用のラップを用いて包んで冷凍庫に入れる方法で対応します。

 

ポイントとしてはできるだけかにの水分を放出しないように工夫することになり、ラップを十分に巻き込むことが大切です。直ぐに食することを希望している方ならば、冷蔵庫に入れた状態で自然解凍を行う方法、室内の常温で自然解凍を行う方法があり、急いでいる場合では真空パックやラップなどを施した状態で、上から水道水を掛ける方法も効果的です。賞味期限については解凍を行った場合では2日から3日以内に食すること、解凍直後に食することがない場合では冷蔵庫で保管を行います。冷凍をしている状態ならば約1ヶ月間の賞味期限として目安を付けることが一般的です。

 

解凍する際にはカニみそなどが液状化してしまう可能性を持っていますが、電子レンジなどを使って解凍をしてしまった場合では、カニみその持っている本来の風味を堪能できない場合が見られます。そのため、基本は冷蔵庫内での解凍を推奨することができ、長期的に保存する場合では冷凍庫を用いる方法で多くのケースで対処できます。

 

基本的にはボイルを行った日付によって取り扱い方法も変わってくることになり、購入先などで確認した上で冷蔵庫、冷凍庫の使い分けを行って、最適な状態で食することが基本です。